こんなお悩みがないでしょうか?

 

Trouble
Trouble
Trouble

入力の重複

システムがバラバラになっているため、 複数のシステムに同内容を登録している。

データの分析が困難

データを集約する箇所が統一されてなく、必要な情報取得に時間がかかる。

内部統制が取れない

属人的対応や、様々なツール利用した情報管理により、業務フローや内部統制を 取るのが困難。

 

Trouble
Trouble
Trouble

外出先からアクセスできない

外出先での在庫確認や受発注登録ができず リアルタイムな対応が困難。 業後に帰社する必要があり、生産性の低下が懸念となる。

海外取引は手動管理

システムが海外取引に適用してなく、海外との取引は別システムで管理をしている。

システム運用コストの増大

システムの統一ができてない、 利用しない機能が多数ある等の理由から 運用コストが増大している。